パトリック・モディアノ (1945年-現在)

フランスの作家、作詞家。1945年7月パリ生まれ。母親はベルギーのアントワープ出身の女優、父親はユダヤ系イタリア人。

父親は偽名を使っていたので当時ユダヤ人に義務付けられていたユダヤの星の着用を免れていました。そして同じ理由で母親との結婚は無効なものでした。

父親はある時逮捕されてオーステルリッツ駅へ連行されますが、上層部からの指示で釈放されます。

父親は善良なパリ市民か?ナチスの手先か?

父親のアイデンティティへの疑問が、失われた時間や失われた青春と並んで作品のテーマのひとつとなっています。

1968年に作家デビューし、30以上の作品を発表してきました。アカデミー・フランセーズやゴンクール賞など、多くの賞を受賞。

2014年にノーベル文学賞を受賞。この年日本の村上 龍もノミネートされていました。

デビュー作の「エトワール広場」(1968年)でロジェ・ニミエ賞とフェネオン賞を受賞。「現代のマルセル・プルースト」と称賛される作家です。

主な作品

  • 「エトワール広場」(Place de l’Etoile)
  • 「パリ環状線通り」(1972年)でアカデミー・フランセーズ文学賞を受賞。
  • 「暗いブティック通り」(1978年)でゴンクール賞を受賞。
  • 廃墟に咲く花」(Fleurs de Ruines)1991年
  • 春の最悪の春」(Chien de Printemps) (1993年)
  • 1941年。パリの尋ね人」(Dora Bruder)1997年
  • 夜の事故」(Accident Nocturne)(2003年)未邦訳
  • 失われた時のカフェで」(Dans le Cafe de la Jeunesse Perdue)2007年
  • 眠る記憶」 (Souvenirs Dormants)2017年  未邦訳

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です