【作家紹介】ダニエル・ペナック(1944-現在)

1944にモロッコのカサブランカ生まれ。

タクシーの運転手、イラストレーターをへて1969年に中等教育の国語教師として教壇に立つ。

1985年にロマン・ノワールの「人喰い鬼たちのお愉しみ」で作家デビュー。

1995年から執筆活動に専念する。

2007年に出版した『学校の悲しみ』(Chagrin d ‘École)でルノード賞を受賞。

デビュー作であるマロセーヌ・シリーズはロマン・ノワールながら面白くてユーモラスに語られる作品で作家としての地位を確立した。世界数十カ国で翻訳されている。

子どもの頃は本を読むより朗読に親しんでいたとして、オーディオブックの普及に尽力しており、自らの作品の朗読も多数手がけている。

作者の他の作品

マロセーヌ・シリーズ La Saga Malaussène

『人喰い鬼のお愉しみ』(中条省平、白水社、1995年)

  • La fée carabine, 1987

『カービン銃の妖精』(平岡 満訳、 白水社、 1998年)

  • La petite marchande de prose, 1989

『散文売りの少女』(平岡敦 訳、白水社、 2002年)

  • Monsieur Malaussène, 1995

『ムッシュ・マロセーヌ』(平岡敦 訳、白水社、 2008年)

  • Des chrétiens et des maures, 1996 「キリスト教徒と異端者たち」未邦訳
  • Aux fruits de la passion, 1999 「情熱の実り」未邦訳

カモ少年の冒険シリーズ

  • Kamo, l’idée du siècle, 1993 「カモ、世紀のアイディア」未邦訳
  • Kamo et moi, 1992 「カモとわたし」未邦訳
  • Kamo: L’agence Babel, 1992 

『カモ少年と謎のペンフレンド』(中井珠子 訳、 白水社、 2007年)

  • L’Évasion de Kamo, 1992 「カモの逃亡」未邦訳

児童書

  • Cabot-Caboche, 1982

『気まぐれ少女と家出イヌ』(中井珠子 訳, 白水社, 2008年)

  • L’œil du loup, 1984

『片目のオオカミ』(末松氷海子訳、 白水社、 1999年)

  • Le Roman d’Ernest et Célestine, 2012

 ガブリエル・ヴァンサンのErnest et Célestine(邦題「くまのアーネストおじさん」)シリーズを元にしている。

その他の小説

  • Les Enfants de Yalta, 1978
  • Père Noël, 1979
  • Messieurs les enfants, 1997

『子ども諸君』(平岡敦 訳, 白水社, 2000年)

  • Le Dictateur et le Hamac, 2003
  • Merci, 2004
  • Chagrin d’école, 2007

『学校の悲しみ』(水林 章訳、みすず書房、 2009年)

  • Journal d’un corps, 2012

エッセイ

  • Le Service militaire au service de qui ?, 1973
  • Comme un roman, 1992

『奔放な読書 本嫌いのための新読書術』(浜名ゆみ, 浜名エレーヌ, 木村宣子 訳, 藤原書店, 1993)新装版『ペナック先生の愉快な読書法 読者の権利10ヵ条』(藤原書店, 2006)

  • Gardiens et Passeurs, 2000
  • Mon frère, 2018

共著

  • Les grandes vacances, 1994

『ル・グラン・ヴァカンス』(辻宏子 訳、トレヴィル、1994年)ロベール・ドアノーと共著。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です