5種類のアールグレイを試してみて<レビュー>

Cinq Variétés d’Earl Grey Essayées

トワイニング・アールグレイ・セレクションファイブ Twinings Earl Grey Selection5

トワイニング「アールグレイ・セレクション・ファイブ」ってどんな味?

アールグレイに他の香りを付けるとおいしいの?

とっても不思議だったので、IZUMIが徹底検証しました!

Disclaimer:この記事では筆者が検証した感想や感じたことを書いていますが、あくまでも筆者個人の考えであり、この記事で言及しているメーカー・会社・団体・個人等の考えを反映するものではありません。予めお断りさせていただきます。

 

結論  

銘茶アールグレイを違う風味で楽しめるセレクションです。

レモンティー?ミルクティー?ストレートティー?気分次第で楽しみ方はいろいろ。

1種類ずつストレート、ミルク入り、レモン入りの3つの飲み方で試してみました。

EARL GREY Selection 5 の気になるお味は?   

<ザ・アールグレイ 〜クラシック・ブレンド>

  元祖アールグレイは、1832年に開発されました。アッサム茶、セイロン茶、中国茶の3種類の茶葉のブレンドが、ベルガモット(柑橘系)で香り付けされています。

すぐに商標登録されなかったため他社から類似品が出てしまった、というエピソードが残っています。

「アールグレイ」は当時の首相だったグレイ伯爵のお名前です。この方の名前がついた由来は諸説あります。

一説によると、グレイ伯爵が中国からレシピを持ち帰って紅茶業者に託したという説がありますが、実はグレイ伯爵が中国へ渡航した事実はないそうです。

別の説によると、グレイ伯爵がベルガモットをもらったものの、食べ方が分からなかったため、スライスして午後の紅茶に入れてみた、という説もありますが、こちらも事実は定かではありません。いずれにしても、アールグレイは開発されてから世界中で愛されているブレンドに違いありません。

☕️IZUMIの検証☕️

ストレート:ベルガモットの強い風味を持つオシャレな紅茶。

ミルクティ:まろやかなアールグレイが楽しめます。

レモンティ:レモンの酸味が加わって、爽やかなアールグレイを楽しめます!

<レディグレイ オレンジとレモンでトーンアップ >

 元祖アールグレイは世界中で愛されていると言われていますが、実は北欧での売れ行きが良くありませんでした。このため、1992年に北欧向けに、新たに開発されたのがこのブレンドです。

茶葉をベルガモットとオレンジとレモンの3種のエッセンスで香り付けしているので、元祖アールグレイより複雑な香りです。また青い花びらが散りばめられて(残念ながらティーバッグの場合は見えませんが)見た目にもクールな印象のブレンドです。

元祖アールグレイがグレイ 伯爵の名前をもらっていたので、こちらは「グレイ伯爵夫人」と名付けられました。

☕️IZUMIの検証☕️

ストレート:オリジナルよりクールな印象。

ミルクティ:まろやかながらクール感がアップした感じ。

レモンティ:クールな風味とレモンの酸味が相まってシャープな印象。

<ピーチ 気分を上げてくれるアールグレイ> 

ピーチで香り付けされたアールグレイです。

ひと仕事した後にいただくと、甘酸っぱい香りが疲れを癒してくれて、

元気が出ます。

10時や3時(15時)のお茶にぴったりです。

☕️IZUMIの検証☕️

ストレート:ピーチの甘酸っぱい風味が魅力。

ミルクティ:アールグレイの風味はそのまま。後にピーチの香りが残ります。

レモンティ:アールグレイ・ピーチ・レモンの香りが爽やかな印象。

<オレンジ スッキリ爽やかなアールグレイ> 

アールグレイにオレンジの味を加えた感じ?と想像していましたが、実際はベルガモットの香りが少し抑えられ、爽やかな印象でした。アールグレイは初めて、という方にぴったりです。

☕️IZUMIの検証☕️

ストレート:アールグレイ初心者におすすめの清々しい風味です。

ミルクティ :アールグレイの香りの後に、オレンジの香りが広がります。

レモンティ:オレンジの酸味が清々しい、爽やかなアールグレイが楽しめます。

<ジャスミン 華やかで癒してくれるアールグレイ >

華やかなアールグレイにジャスミンの香り?

ちょっと不思議でしたが、実際に飲んでみるとフツーの「香り付き紅茶」とは違うぞ!と感じるような、おいしさでした。

☕️IZUMIの検証☕️

ストレート:アールグレイのシャープさとジャスミンの香りのバランスが絶妙。

ミルクティ: アールグレイの後に、ジャスミンの香りが心地よく残ります。

レモンティ:レモンの酸味が加わって、フルーティでオシャレなアールグレイ。

※今回は全種類を、あえてストレート・ミルク入り・レモン入りの3パターンで比較しました。どのブレンドも、どのパターンにしても、それなりに味が整っていて、「失敗、まずい!」と思うことは全くありませんでした。さすが名ブレンド!という感じでした。

※紅茶は風味を楽しむ飲み物ですから、ストレートが一番いいという方もいらっしゃると思います。お好みと気分で、自分なりに楽しめるのが一番いいのかなと思います。

ブランドについて

ブランドの歴史は「アールグレイってどんな紅茶?」に掲載していますので、ぜひお読みください。

喫茶店でコーヒーを出すのが主流だった時代、トワイニングの創立者は、個人的に大好きだった紅茶をメニューに入れました。こうして次第に、ロンドンの庶民の間にも紅茶の愛好者が増えていった、と言われています。紅茶が国民的飲み物になったからこそ、外国へ輸出されるようになったんですね~。

トワイニングの1号店は今も健在で、ティーマスターによる紅茶にまつわるイベントを行うなど、「これからも紅茶愛好者を一人でも増やそう!」と取り組んでいるそうです。

BEST5とどう違うの?

「アールグレイ・セレクション5」はフレーバーティーのみのコレクションです。これとは別に「トワイニング・ベスト5」があります。トワイニングの代表的なブレンドが、アールグレイ、レディグレイを含めて5種類収められています。

ブレンドによって味の系統が違うので、「アールグレイ・セレクション5」とは違う紅茶の世界が楽しめます。

どこで買えるの?

スーパーで買えます

買い物をしながら「たまにはオシャレな紅茶が飲みたい」とピーンと来たらすぐに買える!って、嬉しいですよね。

通販でも買えます

買い物とはいえ、人がたくさん集まるスーパーへ行くのは気が進まない、という方もたくさんいらっしゃると思います。

今回ご紹介した製品は、通信販売でも購入できます。IZUMIも次は、直接自宅へ届けてくれるAmazonさんでの購入を考えています。ただし内容量がスーパーの製品より大きいので、注意が必要です。

まとめ

「アールグレイ・セレクション5」は、アールグレイを5つの香りで楽しめるセレクションです。そしてなんといっても身近なスーパーや通販で買えるのが嬉しい点。

現代人の日常はとにかく多忙。いつでも、どこでもリセットして、次の予定へ急がなければなりません。

そんな中、ポケットにティーバッグを入れておけば、会議の途中でも、飛行機の中でも、お湯に入れて1~2分待つだけで、お気に入りの紅茶を楽しむことができます。自由に持ち運べる、どこでも楽しめる「プチ幸せ」です!

最後に

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

IZUMIもお勤めの頃は、紅茶のティーバッグを持参して、職場の仲間たちとお茶しながら、おしゃべりしたり笑ったりしたものでした。そんな懐かしい思い出に浸りながら書かせていただきました。

個人的に、レディグレイとジャスミン・アールグレイがすっかり好きになりました。特にレディグレイをミルクティ にして、クッキーといただくのが楽しみです!!

今回はこの辺で失礼します。次回をお楽しみに!

寒くなってきたので、風邪など引かないように気をつけてくださいね❤️

それでは、また。 A bientȏt !

PS:ベルギー出身のIZUMIにとってフランス語はほぼ母国語。フランス語で「またね!と言う時「A bientȏt !」と言います。

発音は「ア・ビアントー」です。

それではご一緒に「A bientȏt!」🖐🏻!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です