【レビュー】洋書”Des Chrétiens et de Maures” par Daniel Pennac(未邦訳)

ストーリー

「パパに会いたい」。ある朝ベビーが宣言した。パパに会うまで何も食べないつもりらしい。

ベビーはマロセーヌ一家の7番目の赤ん坊。

ここだけの話マロセーヌ家の子どもたちはみんなパパが違う。ほかのパパたちの消息ならママがちゃんと知っているのに、ベビーのパパだけは消息が分からない。

3日目になるとベビーはだんだん薄っぺらくなって透けて見えるようになってきた・・、少なくともそんな気がしてきた。何でもいいから一口でいいから食べてほしいけど、口を一文字に結んで開けようとしない。

死ぬ気でパパに会うまで食べない覚悟なんだー長男で大黒柱のバンジャマンは悟った。そしてベビーのパパの消息を探しようがないことも分かっているだけに・・・。

モチーフ

ジェローム・チャリンの推理小説「アイザック・サイデル」シリーズが登場します。ジェローム・チャリンは1937年ニューヨークのブロンクス生まれのアメリカの推理小説家。ニューヨークを舞台にした刑事シリーズが有名。

本作品をダニエル・ペナックが「アイザック・サイデル」シリーズへのオマージュとして発表。1996年にジェローム・チャリンはこれに答えて、ルモンド紙に”Call me Malaussene”「名前はマロセーヌ」を掲載した。

関連記事【レビュー】『人喰い鬼たちのお愉しみ』

まとめ

8人の異父兄弟のマロセーヌ一家のドタバタ&ハードボイルド・コメディ。今回はアメリカの作家ジェローム・チャリンの作品と強く関わる人物が現れて、純フランスの物語にちょっぴりアメリカ味のチェリーのトッピングついた豪華版。

残念ながら未邦訳ですが、機会があればぜひ読んでいただきたい作品です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに!! A bientôt!!

和泉 涼

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です