【レビュー】地上5センチの恋 著/エリック=エマニュエル・シュミット ”Odette toulemonde et Autres histoires” par Eric-Emmanuel Schmitt(未邦訳)

あらすじ

オデットは40代後半の未亡人でベルギーのシャルルロワの炭鉱町に住む主婦。二人の子どもは成人しているが心配ことが絶えない。子どものこと、同じアパートの住人、職場の同僚、周りの人たちの幸せに目を配りながら結構忙しい毎日を送っている彼女の楽しみは読書だった。

ある日憧れの小説家バルタザール・バルサンのサイン会へ行き、彼にファンレターをそっと渡した・・・。

バルタザール・バルサンはいま乗りに乗っている作家。美しい妻、かわいい息子、人生は順風満帆に思えた。

ある日突然、妻の浮気が発覚し、息子は学校でいじめにあっていることがわかり、読者数も次第に減っている現実に直面する。

人生をどう立て直したいいのか?自分探しが始まる・・・。

テーマ

人生、仕切り直しはできる?

思い通りの人生を送っていると思っていたけど、現実をよーく見たら違っていた。一所懸命生きてきたのに、こんな結果になったら大変な打撃を受けますよね。

人生を大切にできない有名作家とつつましい人生を抱きしめるように丁寧に生きる主婦の姿を通して、自分の人生を丁寧に生きる大切さを呼びかける作品です。

モチーフ

ジョゼフィン・ベーカー Josephine Baker (1906-1975年)

アメリカ生まれの歌手、ダンサー、女優。第2次世界大戦中のレジスタンス活動が有名。ジャン・リオンと結婚後フランス国籍を取得する。その後は人種差別、黒人の人権向上のための活動を続けた。

作者のプロフィール

エリック=エマニュエル・シュミット Eric-Emmanuel Schmitt

フランスの劇作家、作家。ゴンクール1960年フランス生まれ。16歳の時に俳優ジャン・マレー主演の舞台をに感動し物書きになるために生まれてきたのだと悟ったと後に語った。1991年に作家デビュー。世界で最も読まれているヨーロッパの作家。

評価

芸術文化勲章受章者。作品も受賞多数。作品は30以上の国で翻訳されている。

英語への翻訳

英語版が「The Most Beautiful Book in the World: eight novellas」のタイトルで出版。

映画化

地上5センチの恋心

キャスト

カトリーヌ・フロ(オデット・トゥルモンド役)

アルベール・デュポンテル(バルタザール・バルザン役)

スタッフ

監督・脚本・原作:エリック=エマニュエル・シュミット

音      楽:ニコラ・ピオヴァーニ

美      術:フランソワ・ショヴォー

映画データ

原 題:Odette Toulemonde

公 開:2006年

制作国:フランス、ベルギー

配 給:クレストインターナショナル=ヘキサゴン・ピクチャーズ

上映時間:100分

©︎キネマ旬報

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回をお楽しみに!

和泉 涼

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です