【レビュー】「失われた時のカフェで」 著/パトリック・モディアノ

あらすじ

左岸の「ル・コンデ」というカフェに集まる20〜25歳の若者の中にルキは確かにいた・・・。

探偵は行方不明の妻を探してほしいと依頼を受けた。妻の名はルキことジャクリーヌ。結婚して1年ほどたった頃に妻は急に姿を消した。鍵も置いて・・・。

ルキは15歳の頃から放浪癖があった。警察には、15歳で家を抜け出して遠く離れたカフェにいるころを補導された記録が残っていた。

母親は「ムーラン・ルージュ」で働きながら女手一つでルキを育てた。ルキは外の世界に新しい明日が待っているかのように外を見ていた・・・。

テーマ 

アイデンティティ

私たちは誰でどこへ向かっているのか?普遍の疑問でよね。

この作品に登場するルキはどこにいても長く止まらない若い女性。何から逃げているのか、どこへ行きたいのか?謎のまま永遠に姿を消してしまう。

新しい街で新しい自分を見つけるのか。そして新しい夢が擦り切れるとまたどこか別の場所へ移るのか。

答えはない。あるのは疑問だけ・・・。

記憶と記録

登場人物たちはルキを探してパリを歩き回ります。そして時に思い出の中を辿っていきます。・・どこまで行ってもルキの謎は解けません。

いつの間にか自らが住んだ街を歩き、時間を遡っていきます。

若い頃に住んでいた街。子どものころ住んだ街・・・。その場所に戻るとあの頃に戻る。記憶は時間と共にぼんやりしていきます。

警察に補導された記録は台帳に残ります。もう逃れることはできない。名前を変えない限りは。

そう結婚して名前が変われば台帳に載っているのと違う人になることができる・・。またしてもルキは姿をくらまします。

作品のタッチ

ルキを探す旅はパリの中の別の街へ移り、別の時間の帯へ移っていきますが、ルキは今頃どこで何をしているのか?

4人の語り手が一人のミステリアスな女性を描き、物語が進むにつれて彼女の実像がだんだん浮かび上がってきます。でも4人は彼女の一面しか知りません。全体が見えているのは読者だけという手法は見事です。

出版

日本語版

2011年に出版。翻訳は平中憂一。

フランス語版(オリジナル)

2007年に”Dans le Cafe de la Jeunesse Perdue”のタイトルで出版。

Audible版があります。

ドイツ語版

2012年に”Im Café der verlorenen Jugend”のタイトルで出版

AudibleとCD版あり

パトリック・モディアノのプロフィール 

こちらをご覧ください↓

パトリック・モディアノのほかの作品

こちらをご覧ください↓

紙書籍のご購入方法

Amazonでのご購入方法

Amazonの購入ページからどうぞ

楽天市場・Yahoo!ショッピンでのご購入方法 

Audible版

オーディオブックのご購入

アマゾンの購入ページはこちらへ。

まとめ

失踪した若い人妻。

警察に補導された15歳の少女。

早く実家から出たかった暗い過去。

彼女を愛した若い男性。4人が見たのは同じ人か?別人か?

人の心の不思議な動きを的確に捉えた描写が印象的な作品。

初めて読んだパトリック・モディアノ作品でした。

抽象的な描き方が魅力的で謎に満ちてステキな作品です。

いかがでしたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回をお楽しみに!

和泉 涼

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です