検索結果が18件見つかりました。

【レビュー】洋書 Et Mon Coeur se Serra par Antoine Laurain&Le Sonneur 「心が泣いた・・」(未邦訳)著/アントワーヌ・ローラン&ル・ソナール

こんにちは。今回はフランスで話題のこの作品をご紹介します。『赤いモレスキンの女』のアントワーヌ・ローランの最新作です。 今回はアーティストのル・ソナールさんと愛をテーマにした「文章とイラストのコラボ作品」を出版されました… 続きを読む 【レビュー】洋書 Et Mon Coeur se Serra par Antoine Laurain&Le Sonneur 「心が泣いた・・」(未邦訳)著/アントワーヌ・ローラン&ル・ソナール

速報 ”Et Mon Coeur Se Serra” par Antoine Laurain & Le Sonneur「その時僕の心は・・・」著/アントワーヌ・ローラン&ル・ソナール(未邦訳)  2月3日から好評発売中!

作品の紹介 『赤いモレスキンの女』の日本語版が出たばかりのアントワーヌ・ローランの最新作。 コンセプト アントワーヌ・ローランの短編28点と注目のストリート・アーティストのル・ソナール(le_ Sonneur)のイラスト… 続きを読む 速報 ”Et Mon Coeur Se Serra” par Antoine Laurain & Le Sonneur「その時僕の心は・・・」著/アントワーヌ・ローラン&ル・ソナール(未邦訳)  2月3日から好評発売中!

【レビュー】洋書 Le Bureau des Manuscrits par Antoine Laurain「出版企画室」(未邦訳)作/アントワーヌ・ローラン(『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』の作者)

あらすじ ヴィオレーヌ・ルパージュ(44歳)はパリの敏腕編集長。スティーブン・キングとのミーティングを終えフランスへ戻る途中に飛行機事故に巻き込まれて昏睡状態に陥る。 パリの出版社には作家の卵が送りつけてくる原稿が毎日何… 続きを読む 【レビュー】洋書 Le Bureau des Manuscrits par Antoine Laurain「出版企画室」(未邦訳)作/アントワーヌ・ローラン(『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』の作者)

【レビュー】洋書 Carrefours des Nostalgies par Antoine Laurain「ノスタルジーの交差点」(未邦訳)『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』の作者アントワーヌ・ローラン作品

lire l’article en francais / この記事をフランス語で読む あらすじ フランソワ・ウルトゥヴァンは町長選挙に敗れてしまった。なぜ対立候補と200点もの差がついたのか誰も分からない。落… 続きを読む 【レビュー】洋書 Carrefours des Nostalgies par Antoine Laurain「ノスタルジーの交差点」(未邦訳)『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』の作者アントワーヌ・ローラン作品

【レビュー】洋書 Fume et Tue par Antoine Laurain 「タバコと殺意」(未邦訳)作/(『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』の)アントワーヌ・ローラン

あらすじ ファブリス・ヴァランティン(50歳)はコンサルティング会社でヘッドハントが専門の会社員。ヘビースモーカーだが良き夫、優しい父親。ひとことでいえば特に取り柄のない人間だった。 それが2007年の健康増進法が施行さ… 続きを読む 【レビュー】洋書 Fume et Tue par Antoine Laurain 「タバコと殺意」(未邦訳)作/(『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』の)アントワーヌ・ローラン