【レビュー】洋書「Ailleurs, si j’y suis」「ある肖像画」(未邦訳)『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』のアントワン・ローランのデビュー作

あらすじ ピエール=フランソワ・ショーモン(43歳)はパリで特許専門の法律事務所を親友と開いていて事業は順調だった。趣味は骨董品のコレクションで時間を見つけてはオークションハウスに足を運んでいた。美しい妻、近しい友人たち… 続きを読む 【レビュー】洋書「Ailleurs, si j’y suis」「ある肖像画」(未邦訳)『ミッテランの帽子』『赤いモレスキンの女』のアントワン・ローランのデビュー作